気温が変化するとすぐ鼻水が……原因はアレルギー性鼻炎にあり?

Pocket

初夏、クーラーが効き出すと鼻水が。秋頃、気温が低くなってくるとすぐ鼻が。というあなたはアレルギー性鼻炎かもしれません。

辛い鼻水の原因を知って少しでも症状を和らげましょう。唐突な鼻水の対処法など、鼻炎対策をご紹介します。

あなたの鼻水の原因はアレルギー性鼻炎?


鼻風邪でも花粉症でもないのに鼻水が止まらない、という方は結構いらっしゃるのではないですか? 突然現れていつの間にか治っている。

そんなあなたは「血管運動性鼻炎」かもしれません。みなさんもアレルギー性鼻炎という名前は聞いたことがあっても、血管運動性鼻炎はあまり聞いたことがないかもしれませんね。

血管運動性鼻炎はアレルギー性鼻炎と似たような症状が出るのですが、アレルギー検査をしても何もアレルギー反応が出ず、アレルギーの元がわからないのです。

例えば、夏場暑い屋外から冷房の効いた室内に入ると、くしゃみや鼻水が止まらないということありませんか?それはおそらく運動性鼻炎が原因です。

ある意味で言えば温度アレルギーと言えますね。ただ、花粉やハウスダストのようなアレルギーは体質によるものですが、運動性鼻炎の場合根本となる原因は体質というよりは自律神経が原因となってきます。

自律神経とは?

自律神経とは自らの意志で動かしていない、自律して動いている部分になります。手足を動かすことは自分の意志ですよね、心臓を動かしたり汗を出したりするのは自動的に行われていますよね。

この自分の意志の代わりに自動で体内の機能を動かしてくれているのが自律神経です。
そしてこの自律神経はストレスに弱く、不規則な食生活や生活リズムが乱れたりすると、自律神経が不安定になり、鼻炎のみならず様々な身体の不調を引き起こしてしまいす。

運動性鼻炎の対処方法とは?


正直に言ってしまいますと根本から直すことは難しいです。ですので、どうやって軽減するのか発症させないようにするかが鍵となってきます。

鼻炎薬は飲むと眠くなってしまう成分が含まれていることが多いので、中々お仕事がある方は飲みづらいかもしれません。それでも、私は飲んでしまうことをおすすめします。どちらにせよ、鼻水のせいで集中できない状況だと思いますので思い切って飲んでしまった方が結果的に良い方向にことが運ぶでしょう。

鼻の温度を保ってあげた方がいいので寒い状況でしたら、マスクをして鼻周りの気温を少しでも上げてあげるとマシになります。気温の変化を無くして、自律神経を安定化させてあげれば、次第に鼻水も止まります。

そして、やはり自律神経の乱れが1番の症状の原因となるので、まず睡眠をしっかりと適切に取りましょう。これによって慢性的な疲労を抑制し、食生活の乱れや生活リズムの乱れを整えます。

飲酒やタバコも出来るだけ控えた方が症状は安定化します。これらを禁止することでストレスが溜まってしまうという方は本末転倒なので、できる限り控えるという形を取りましょう。

何より自律神経を乱す原因はストレスにあります。ですので、ストレスを溜めないようにしましょう。と言っても中々難しいとは思います。慢性的な鼻炎そのものがストレスになっている方が大半でしょう。

それでも適度に運動をしたり、趣味に没頭したりしてストレスを発散していきましょう。ストレスが軽減されればおのずと症状も和らいでいくことでしょうから。

悩みすぎないことが回復の近道

鼻炎は鼻水が垂れてきてしまうので、放っておけるものではないです。気になってしまうのも仕方がないでしょう。それでも出来ることなら気にしない方向でいきましょう。

その為にもマスクをすることは効果的です。最悪垂れてきても周りにはバレませんから。
気休めですが、鼻に効くツボを押してみることも多少症状が和らぐかもしれません。

みなさんの鼻炎が少しでも改善されることを心から願っております。

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。