食欲の秋到来!でも食べ過ぎには注意!

Pocket

サンマの塩焼き

猛暑の夏が落ち着いて、少しずつ過ごしやすい気温になってきましたね!
秋といえばスポーツの秋や読書の秋と、何を行うにもモチベーション高く、始めやすい、続けやすい季節ですが、やはり何といっても食欲の秋!
旬のものも多く、冬のために体が栄養を蓄えるので、食欲が増すんだとか。
スーパーにもサンマやサツマイモ、栗、マツタケ、梨など、秋の味覚もたくさん並びますね!

今回は、そんな食欲の秋にスポットを当てたいと思います。

なぜ秋に食欲が増加するのか?


暴食する男性

秋に食欲が増す主な理由は下記の物があげられるようです。

1.秋になると様々な食物が実りを迎えるため。
2.夏バテした体の体調を戻すために、涼しくなった秋には自然と食欲が増すと考えられるため。
3.動物は本能的に冬を越えるための準備として体に多くの栄養素を取り込もうとする性質のため。

また、夏から秋に変わると、日照時間が減り明るさが低下します。

精神の安定化を保つ物質で食欲にも深い関係がある「セロトニン」は、日光の当たった時間によって、分泌量が変わってくることが分かってきました。
なので、秋になると日光に当たる時間が少しずつ短くなってきます。
しかし、日光にあたる以外に「セロトニン」の分泌量を増やすには、糖質・乳製品・肉類を摂取し睡眠をとることだそうです。
そういったことからも、体が食欲を増加させて睡眠をとることで、精神のバランスを保とうとするからではないかと言われています。

食欲の増す季節、でも食べ過ぎには注意しよう!


・秋に太らないためには?
食欲のままに食べていたら、もちろん太ってしまいます。
食欲をしっかりとコントールしながら食べることが大切です。

●まずは、野菜や海藻類から食べる。
野菜や海藻類は低カロリーでビタミン・ミネラル・食物繊維を含む食材なので、先に食べることで満腹感を得られ、消化に時間もかかりやすいため満腹感をある態度持続させることで、食べすぎを防いでくれます。
また、最初に野菜や海藻類を食べることで後から口にする糖質・脂質を摂っても血糖値の急上昇を抑え、インスリンの分泌も抑えられ脂肪として蓄えられにくくします。

●お茶やお水などノンカロリーの飲み物と一緒に摂る。
特にちょっとしたお菓子を食べるときに効果を発揮します。甘いお菓子を食べるときは意識してノンカロリーの飲み物と一緒に飲んで食べすぎを防ぎましょう。

●食べながらきれいな姿勢を意識する。
きれいな姿勢を保持するだけで、代謝がアップします。食べながらエネルギーを消費するのももちろんのこと、姿勢を意識することで食べ物からの関心をそらし、食べすぎを防ぎます。

●会話を楽しむこと。
これがじつは意外と効果的なんです。
話がはずむと、食事が途切れ時間がかかりますよね?レストランなどで、少しずつ料理が出てくるとだんだんお腹いっぱいになってしまった経験はありませんか?
時間をかけることにより脳が満腹感を感じて食べすぎを防ぐのです。話に夢中になり、意識が食べ物に集中しなくなる効果もあるからです。

いかがでしたでしたか?食べ過ぎないように心がけて、秋の味覚を堪能しましょう!

食べ過ぎた時には?


もちろん食べ過ぎないことが必要ですが、ついつい食べ過ぎてしまったときは、代謝をUPして、摂取したカロリーをしっかり消費できるようにしましょう!

         

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。