血管年齢は若返る!?いまなら間に合う血管のアンチエイジング

Pocket


暴飲暴食や運動不足…日頃の不摂生は体の表側にはなかなか出ません。
しかし、体の内側には大きくダメージを与えてしまっていることも事実です。今回は血管にスポットを当てて、
アンチエイジングの重要性についてお話したいと思います。

血管年齢とは…動脈硬化の進行度合いを示すもの


血管は外膜、中膜、内膜の三層からなっており、若いうちは非常に弾力があってしなやか。
内膜からは血管を柔らかくする物質も分泌され、常に血液がスムーズに流れる仕組みになっています。
ところが老化した血管は硬くもろく、その上狭いのが特徴。当然血液の流れは悪くなり心臓に負担がかかりますし、傷つきやすくなった血管には血栓やプラークがたまりやすくなり、動脈硬化を加速させてしまいます。
動脈硬化は、年齢を重ねるとともに誰もがなる血管の老化現象。
ですが、日常的にバランスの悪い食生活を送っていたり、不規則不健康な生活習慣によって、若くても動脈硬化になってしまうこともあります。

血管年齢は、健康な同年齢の人の平均値で比べて算出します。もし実年齢より高い血管年齢が出るようなら、動脈硬化の可能性が高いといえるでしょう。
血管年齢を知ることで、外からはわからない血管の状態を知り、動脈硬化の予防や対策に役立てることができます。

病気や老化のリスクを高める動脈硬化


動脈硬化は、誰もが避けられない血管の老化現象。とはいえ、心筋梗塞や脳卒中といった日本人の死亡原因のうち上位に入る病気の原因でもあります。
血液には酸素を運ぶ大事な役割がありますが、血管が狭くなると心臓に血液が充分に送ることができなくなってしまいます。そうすると心臓は酸素不足になり、狭心症や心筋梗塞の原因に。また、もろくなった血管が破れたり、破れたときにできた血栓が脳の血管を詰まらせると脳卒中になる恐れがあります。
動脈硬化による血行障害は、このようにさまざまな病気の原因となり、運よく一命を取り留めても後遺症が残ることも。
それと同時に、生活習慣病や高血圧といった老化現象も、動脈硬化を促進させるリスクがあります。
しかし、恐ろしい病気の温床のような動脈硬化も、その進行を抑えることができると最近の研究ではわかっています。血管年齢が高かったり、血圧の高い日が続くなと思ったら、一度血管の若返りに目を向けてみるのもいいかもしれません。

血管年齢を若返らせるには


血管の若返りに一番大切なことは、これまでの生活習慣を見直すことです。
タバコやストレス、睡眠不足は血管に負担をかけますし、飲酒や肥満は血中の悪玉コレステロールを増加させますし、塩分の取りすぎも高血圧の原因に。
こういった血管によくない生活習慣を見直し、一日三食、栄養バランスのとれた食事事と適度な運動を毎日積み重ねることで血管年齢が若返り、健康的な血管を保つことができます。
特にイワシやサバといった青背の魚には不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。
また、緑黄色野菜やナッツ類には、ビタミンやセサミノール、カロテンといった抗酸化作用のある栄養素に恵まれています。

塩分や脂質を控えめにして、こういった栄養豊富な食べ物で、老化した血管を癒してあげることが血管の若返りへの第一歩。
そして、血管の若返りにもう一つ必要なことは適度な運動です。
人間の体には酸素が欠かせません。軽いウォーキングや水泳といった有酸素運動で、血液に新鮮な酸素を取り入れましょう。
血管の老化は、これまで休みなく血管が働き続けてくれた証拠です。
実年齢より血管年齢が高いなと思ったら、体をねぎらうつもりで若返りを目指しましょう。

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。