目の疲れを癒やして日頃の疲れをとろう!目疲れを甘く見ない!!

Pocket

多くの娯楽の溢れる世界の現代、日頃から使っているスマートフォンや仕事のお供のパソコンなどで私たちは目を酷使しています。そんな目疲れは1日経てば癒されて次の日には回復しているのが普通なのですが、今ではスマートフォン等の発展で常時目を刺激している状態が普通となってしまっていて疲れが癒しきれていない状態です。目疲れは甘く見てしまうと全身に思わぬ健康被害を起こしてしまいます。そうならないために目疲れを癒す方法をご紹介していきます。

目元に手を当てる男性

目疲れの症状


目疲れには一時的な疲れの症状と慢性的な疲れの症状があります。現代社会では慢性的な目疲れが多くなってきている傾向にあります。毎日感じる体調への違和感はもしかしたら目疲れから来ているかもしれません。

主な症状

・目の乾き
・涙がでる
・視力の低下
・目が重たい
Etc…….

目の違和感はこのような症状が起こります。

目疲れは全身にも影響を及ぼしてしまいます。
・頭痛
・首や肩こり
・腰痛
・めまい
・吐き気
・食欲不振
・全身の疲労感
・イライラ感
このような症状が出てきてしまいます。
腰痛や全身の疲労感は目とは関係ないような物に感じてしまいますが、実は目疲れからきているのかもしれません。

このような全身への影響は眼精疲労と呼ばれ、軽視は禁物です。毎日のようにやってくる症状は性的なストレスとなり高血圧、血行不良、胃潰瘍といった様々な健康の悪化へとつながっていきます。
ただの目疲れだと思うことなく目を癒していく手段や予防を考えて行きましょう。

目疲れに聞く栄養素

目疲れの改善には食品から摂取出来るものもあります。「アントシアニン」という栄養素を摂るようにすると目には良いでしょう。この成分はブルーベリー、ブドウ、ナス、紫芋、しそ、赤キャベツ、スイカなどの紫色の食品に多く含まれています。

アントシアニンの成分が目に良いことは少し前より注目されていて多くの健康食品、サプリメントの開発もされています。視力低下の抑止にも繋がることから人気のある健康食品のひとつでもあります。

効力を上げる

アントシアニンは目に良い栄養素ですが、併せて摂取すると効力が上がるものがあります。それは、ビタミンAとビタミンB群です。この2つの成分を併せて摂取することでアントシアニンの効力をサポートしてくれます!!

ビタミンAをとるには……
ほうれん草、ニンジン、レバー、うなぎ、チーズなどの食品が効果的です。

ビタミンB群……
豆腐、イワシやサバの青魚、豚肉などの食品で摂取できます。

レバーやうなぎにはどちらの成分も含まれていたりします。両成分を含む食品もあるので食生活に取り入れて目疲れを予防していきましょう。

目疲れは現代病


眼精疲労は現代病と言われています。現代社会の発展によって便利になった現代ですが、このような健康への被害もあるのが現実です。社会人となった人は毎日忙しく働き、疲労困憊でストレスを抱えて悩みが増えてしまう。そんなストレスの原因の1つに目の酷使が原因になっている場合が有ります。過度なストレスを抱えて体調に被害が出る前に予防をしていきましょう。
また、目疲れは人の表情すら変えてしまいます。目元のクマやタルミでお悩みの方は目疲れをしっかり癒していきましょう。

目は心の窓とも呼ばれています。あなたの笑顔が目疲れによって失われていませんか? 目の疲れを癒すことであなたの表情も明るく、美しくなっていきますよ。

毎日の食生活でも改善や予防が見込める眼精疲労。疲れが溜まってしまい体へ重大な症状として現れてしまわないように気をつけておきましょう。
私たちにいろいろな情報を伝えてくれる大切な「目」を健康に保つことは、今後の私たちの生活を健康に保つことにつながってきていますよ!!

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。