ニラの栄養で免疫力向上!

Pocket


皆さんはニラを食べることはありますか?
レバニラ炒め、もつ鍋など、メジャーな料理には欠かせないお野菜です。

そんなニラですが、実は体に良い成分がたくさん含まれているんです。それも体を元気にする力が強いので、特に夏場に食べたい食材です。
ぜひニラに秘められた素晴らしい効果を知ってみてください!

ニラは免疫力向上で体を丈夫にするパワーがある!

ニラの栄養は


ニラといえば、ネギの仲間の野菜で、ネギと同じく独特なツーンとする香りを放っています。これはニラやネギに含まれるとある成分が原因なのですが、この成分が実は体にとっても良いんです。

この成分には血流をよくして、血栓を防いだり、発がん抑制効果や、体内の酸化を抑えたりする力などがあると知られ、実はすごい健康効果を持っているんです。

ニラ料理といえばレバニラ炒めが代表的なのではないでしょうか?
お店でも見かけることが多いですし、レバニラ炒めなら好きな方も多いですよね。

ニラを普段食べていない人でも知らずのうちに食べている例としては餃子などが挙げられますね。餃子の具材としてニラが入っていることが多いですから、何気なく摂取しているという方も多いです。

ニラの詳しい栄養効果


ではニラにはどんな栄養的な効果があるのかご紹介していきます。
先ほど少し触れた独特な匂いの元となる成分ですが、この成分を「アリイン」といいます。これはニンニクに良く含まれる成分で、このアリインにはビタミンB1の吸収を促進する力があるんです。

ビタミンB1には糖質の代謝を促進させて、活動エネルギーを作る力もあり、疲労を回復させる効果があるのですが、実は体に吸収されにくく、体外に排出されてしまいがちなんです。

そこで、ニラの成分アリインと一緒に摂取することで、ビタミンB1の吸収を良くし体にエネルギーを満たせるようにするわけです。これが体の免疫力向上にもつながるので、ニラは免疫力向上に欠かせない食品と呼ばれているわけです。

ビタミンB1を豊富に含んでいて、ニラと相性が良い食材といえばやはり豚肉です。
味がしっかりとしているので、ニラのような野菜と相性が抜群ですし、レシピも豊富です。

甘辛やショウガで一緒に炒めてしまってもいいですし、鍋で一緒に煮込むのも美味しいです。ひき肉を使っている餃子など相性の良い組み合わせの典型といってもいいですね。

ニラそのものにもエネルギー代謝を促進するB2が含まれていますから、合わせてより一層エネルギーを回復させて循環させてくれる力をもっています。

他にも貧血を防止するための鉄分も多く含んでいて、倒れない身体づくりに大いに貢献してくれます。カルシウムが骨も丈夫にしてくれますから、ニラを食べるのならぜひ運動も一緒にしたいものですね。

レバニラ炒めにすればより一層鉄分を補給できるので、鉄分などを摂取したいのなら、レバニラ炒めを食べることがおすすめですね。

さらにニラに含まれるマグネシウムが血液の循環を促してくれますから、血の巡りも良くなりいい汗を掻くことができますよ。

やはりこういった身体に活力を満たす効果を多く秘めていますから、夏場にこそ食べたい食材といえますね。夏バテ対策にもってこいの野菜です。

中々食べる機会の少ない食材かもしれませんが、だからこそ積極的に食べるようにしてみてください。ニラ料理を食べれば夏の暑さにも冬の寒さにも負けない高い免疫力を持った体を作ることができますよ!

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。