日本発祥の健康食事法「マクロビオティック」

Pocket

近年、海外では和食がヘルシーだということで注目を集めていますが、同じく日本発祥の健康食事法「マクロビオティック」をご存知でしょうか?

マクロビオティックの概要と合わせて褐色脂肪の特徴を理解して、健康的な身体を手に入れましょう。

マクロビオティックと褐色脂肪で体脂肪を減らしましょう

肥満の原因とは


最近は、食べ物が豊富にあるため制限なく食べてしまう人が少なくありません。そのような人は、肥満になる傾向があります。

肥満の原因はいくつか考えられますが、その中の一つが食べ物を食べ過ぎておりカロリーが燃焼できていないことです。人間は普通に生活をしていれば1日に消費するカロリーは決まっていますが、その消費カロリー以上に食べ物を食べてしまうと肥満になる可能性が高くなります。

また、運動不足の場合にも肥満になりやすい傾向にあります。

マクロビオティックで日本古来の食事


ヘルシーな食事として海外からも注目を集めているのが和食です。

和食を中心に摂る場合でも、正しい食べ方を続けることで効果的に体重を落とすことが可能です。油ものをとらないことも重要になりますが、「マクロビオティック」を取り入れることで体重を落とすことが可能です。

マクロビオティックは明治時代に日本で提唱された食事法です。日本食の中でも玄米などの穀物を中心とし、野菜や豆そして海藻などを積極的に取り入れることで、無駄なカロリーをとることを避けることができ、結果的に自然な形で体重を減らすことができるようになります。

裏を返せば、肉などを一切取らないような食事方法になりますので、お寺などで食べる精進料理にも共通するところがあります。動物などの生き物は一切摂取しないのが精進料理ですが、マクロビオティックに関しては魚を摂取しても問題ないとされています。

いくらマクロビオティックで動物性の食事を避けるように推奨されていたとしても、生きていくために必要な栄養素が不足してしまうのでは、元も子もありません。過度に食事制限を課すのではなく、栄養のバランスを考えた健康的な食事を心がけましょう。

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。