重要なミネラル成分の1つカルシウム不足を対策しよう!

Pocket

皆さんもよく耳に機会が多いと思います「カルシウム」という栄養素。
この栄養素、実は「ミネラル」の中の1カテゴリーだということを皆さんはご存知でしたでしょうか?

ミネラルというのもミネラルウォーターなどで聞いたことがある名前だと思いますが、このミネラルはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンと並んで5大栄養素とされる栄養素で体にとって非常に大切な栄養素です。

そんなミネラルにはカルシウムの他にリン、マグネシウム、鉄分、亜鉛などなど色々な成分が含まれているのですが、今回はその中でも「カルシウム」についてお話させていただきます。

カルシウムは骨だけでなく血液にも必要!?


カルシウムの役割は?

カルシウムと言えば、一般的に知られている役割としては骨や歯を丈夫にするという役割がありますが、実はそれ以外にもカルシウムには重要な役割があります。
それは「血液や神経」に関する役割です。

カルシウムのうち99%が骨や歯に吸収されると言われていますからカルシウム=骨というイメージは強いですが、では残る1%はどこに行ってしまったのか? という疑問が残りますよね。

実はこの残る1%は血液や細胞内に吸収されており、血液を凝固させたり、筋肉や神経の動きを手助けしたりする作用があります。たったの1%でもこれだけの重要な役割を持っているのです。

ですから、1%と言えど不足してしまっては体に異常が起きてしまいます。

その為、体は防衛機能として、血中のカルシウムが減ってしまった際には、骨を溶かして血中のカルシウムを補うという行動をします。

 

これは一見良い作用にも思えますが、実は血中に過剰にカルシウムを運んでしまうことにもなるので、動脈硬化や結石に繋がってしまう恐れがあります。それだけでなく、骨の中のカルシウムが単純に減ってしまうので、骨折や骨粗鬆症などが起きやすくなってしまいます。

こういった理由があるので、カルシウムというものはしっかりと摂取しておかなくてはいけません。骨だけではない部分に異常が発生してしまいますからね。

このカルシウムの秘密、知らなかったという方も多いのではないでしょうか?
ここからはそんなカルシウムを効率的に摂取できる食材をご紹介させていただきます。

カルシウムを摂取するなら


カルシウムを摂取できる食材の代表と言えばやはり「牛乳」を代表とする乳製品類ですね。乳製品の特徴としては食べやすく、摂取しやすいという点があげられます。

牛乳は飲むだけでいいので食欲があまりない時でも飲みやすいので手軽にカルシウムを摂取しやすいですし、チーズなら食材の上に乗せるだけで美味しく調味料感覚で摂取しやすいですからね。

次に代表的なカルシウムを含んだ食材としては魚類・甲殻類といった海の幸が挙げられます。
魚類としてはかたくちイワシシラスといった小魚に多くカルシウムが含まれています。
甲殻類でも同様に干しエビといったご飯に振りかけて食べられるようなものにカルシウムが多く含まれています。
どちらも小さく食べやすいので、魚介類が苦手な方でも食べやすい部類かと思います。

他にもひじき昆布などを乾燥させた海藻類の食材もカルシウムが含まれているので、魚介類が苦手という方はこちらからカルシウムへアプローチをかけても良いかもしれませんね。

そしてカルシウムを摂取する上でもう1つポイントとなってくるのがビタミンDです。
ビタミンDはカルシウムの吸収を手助けする力を持っていて、セットで摂取することが推奨されている栄養素です。
カルシウムをいくら摂取しても吸収できなくては何も意味がありませんからね。

ビタミンDを多く含む食材としてはきのこ類が挙げられます、その他、多くの魚類から摂取ができるので、カルシウムを効率的に摂るのなら、お魚を週に何度か食べると良いですよ!

カルシウムを摂取する重要性は骨だけではないことを知っていただけたかと思いますので、しっかりとこれからはカルシウムも意識した食事を心がけてみてくださいね!

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。