健康食品と医薬品の飲み合わせについて(ビタミン編)

Pocket

我々にとってはしっかりと向き合っていかなければいけない問題です。
昨今、研究の進歩により、人体に良い影響をもたらす効能を持つ成分がたくさん見つかってきました。
健康を増進する成分を凝縮し、健康食品を作っていますが、体にいい影響を与える半面、
注意しなければならないことがあります。
それが今回の、健康食品と医薬品の飲み合わせについてです。

健康食品を摂ることにより、病状を悪化させたり、治療薬の作用を強めたり反対に弱めたりと影響を与えることがあります。
まだまだ、健康食品に関しての臨床研究が遅れているために、現在わかっている医薬品との相互作用はほんの一部でしかありません。
そのため医薬品を服用している人は、安易に健康食品を利用することなく必ず、医師又は薬剤師に相談して下さい。 

ビタミンと関係のある医薬品


今回はビタミンに関する成分と医薬品の飲み合わせ効果をまとめました。

ビタミンA
効能:夜間の視力維持や、皮膚や粘膜の保護
・血液凝固防止薬(ワルファリンカリウム(ワーファリン)):ワルファリンの抗血液凝固作用を増大させる。
・テトラサイクリン系抗生物質(塩酸テトラサイクリン(アクロマイシン)):激しい頭痛が起こる可能性がある。
・角化症治療剤(エトレチナート(チガソン))、抗悪性腫瘍薬(トレチノイン(ベサノイド)):ビタミンA過剰症と類似した副作用症状があらわれることがある。

ビタミンB6
効能:タンパク質の代謝に関係、神経機能の維持
・パーキンソン病治療薬(レボドパ(ドパストン)):レボドパの代謝を進め作用を減弱させる。

ビタミンC
効能:コラーゲンの生成、抗酸化作用
・利尿薬(炭酸脱水酵素抑制薬)(アセタゾラミド(ダイアモックス)):大量のビタミンCとの併用により腎・尿路結石が起こる可能性がある。 ・
・卵胞ホルモン薬(エストロゲン(プレマリン)):ビタミンCにより薬剤の代謝が阻害され、血中エストロゲン濃度上昇の可能性がある。

ビタミンD
効能:カルシウムの吸収促進、骨・歯の形成
・強心薬(ジゴキシン(ジゴキシン)、ジギトキシン(ジギトキシン)、メチルジゴキシン(ラニラピッド)):
ジゴキシンの作用を増強することがある。ジギタリス中毒の症状(嘔気、嘔吐、不整脈等)があらわれることがある。
・活性型ビタミンD3製剤(アルファカルシドール(ワンアルファ)、カルシトリオール(ロカルトロール):
相加作用により高カルシウム血症があらわれる可能性がある。

ビタミンE
効能:抗酸化作用、手足の血流の活性化
・血液凝固防止薬(血栓防止薬)(ワルファリンカリウム(ワーファリン))、アスピリン(バイアスピリン、バファリン81mg)、塩酸チクロピジン(パナルジン)、硫酸クロピドグレル(プラビックス):
大量のビタミンEにより、出血傾向が強くなる可能性がある。

ビタミンK
効能:血液の凝固因子の合成、骨・歯の形成
・血液凝固防止薬(ワルファリンカリウム(ワーファリン)):ワルファリンの作用が減弱する可能性がある。

葉酸
効能:・赤血球の形成、核酸・タンパクの合成
・抗てんかん薬(フェニトイン製剤(アレビアチン)):相互に血中濃度を低下させる作用がある。(作用の減弱)

※参考:愛知県薬剤師会HP(http://www.apha.jp/medicine_room/entry-3755.html)

現在医薬品を飲まれている方で、健康食品にも興味があるという方は、必ずかかりつけの医師、薬剤師に相談してください!

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。