短時間睡眠の危険性!ショートスリーパーのリスク

Pocket

短時間睡眠でしっかりと休息を取れて、仕事をバリバリとこなせるショートスリーパーになりたい!という方は結構多いと思いますが、短時間睡眠には大きなリスクが潜んでいます。

訓練することでショートスリーパーになることができる可能性があるという話もありますが、ショートスリーパーを目指す前に今一度「睡眠の重要性」というものを知っておいてください。

ショートスリーパーもメリットだらけじゃない!短時間睡眠の罠

短時間睡眠の危険性


一般的に人は7~8時間は睡眠に時間を充てているため、1日のうち1/3は寝ている計算になります。実際働いている方はもう少し短い方が多いでしょうが、一般的にはこれが平均です。

睡眠時間で8時間、就業時間がお昼と移動時間を含めて大体10時間程度とすると、残る時間はたったの6時間です。この間にも夕食を取ってお風呂に入って、家事など細かな作業をしていたら自由に趣味に充てられる時間なんてかなり限られますよね。

ですから、皆さん短時間睡眠で出来るだけ時間を作りたいと思っているのだと思います。
ですが、睡眠時間を削ることで、脳の働きが衰えてしまうと結局、仕事で失敗してしまい時間を浪費してしまう、趣味にしてもミスをしたり、あまり頭に入ってこなかったりと結局効率が悪くなってしまいます。

それをものともせずに行動することができるのがショートスリーパーではありますが、ショートスリーパーはあくまで短時間睡眠で十分に回復することができるという体質の方というだけです。

つまり、ショートスリーパーだからといって、浮いた時間ずっと行動できるわけではありません。むしろ日中の活動時間が増えて、夜にはクタクタになっていることがほとんどでしょう。

時間に余裕をもって、作業の合間合間に休む時間を作りたいからショートスリーパーになりたいという方なら良いですが、浮いた時間をフルで仕事に充てたいという方の場合なら短時間睡眠は推奨されません。

いくらショートスリーパーになって時間の余裕ができても、働きすぎて倒れてしまっては本末転倒ですからね。

睡眠時間を短縮するなら


ショートスリーパーというのは基本的には体質ですから、生まれ持ってのものです。
ですから、後からショートスリーパーになるのは至難の業です。体質によっては成れる可能性もありますが、やはり無茶をすると体に悪いですので、あまりおすすめはしません。

ここからは、どうしても短時間睡眠に慣れたいという方に向けて、少しでも睡眠時間を短縮した上で健康的に過ごせる方法をご紹介します。

まず重要な点は睡眠の質を高めることです。睡眠の質さえ高めておけば疲労の回復量が違いますから、日中の活動に支障も出にくくなります。

睡眠の質を上げる方法としては、寝る前に食事を取らないことがまず挙げられます。寝る前に食事を取ってしまうと消化にエネルギーを消費するので、眠りが浅くなってしまいます。大体3~4時間前には食事は済ませておきたいですね。

お風呂は逆に寝る直前に入っておきたいです。仕事帰りなどすぐにお風呂に入りたいと思いますが、睡眠の質を高めるのであれば就寝前に入ることが推奨されます。もしくは帰宅後お風呂に入ったならそのまますぐに寝てしまうのがおすすめです。

次のステップとしては睡眠時間を徐々に徐々に短くしていきましょう。
ただ、急に1~2時間も睡眠時間を削るのはやめてください。体に負担がかかってしまいますから。目安としては1~2週間毎に10分~15分ずつ寝る時間を短くしていくイメージですね。期間はあくまで目安ですので、慣れたなと思うまでは無理して睡眠時間を短くする必要はありません。

出来ればこの際は就寝時刻を短くして、起床時刻は削らないようにしてください。体内時計を狂わせないという意味でこの点は重要です。
ただ、起床時間を起きたい時間に変更して慣らしていくというのは問題ありませんので、そちらは変えてくださってもかまいません。

睡眠必要時間はどうしても体質ですから、変えることができない部分でもあります。
ですので、無理に体質を変えようとはしないでください。

短時間睡眠が出来ないのなら、出来るだけ睡眠の質を高めて効率的に仕事をこなせるようにするなど、時間の作り方は色々とありますから、一つの方法に固執せず視野を広く持ってくださいね!

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。