ストレスを溜める人の10の特徴~あなたはいくつ当てはまる?~

Pocket

頭痛に悩まされる男性

健康と聞くと、つい身体的なことをイメージしてしまいますが、決してそうではなく精神面にも関係のあるものですね。分かりやすくいえば、ストレスを抱え込みすぎるというのは、健康に良くありません。しかしストレスというのは、自分でも気づかないうちにいつのまにか心の中に侵食しているもの。気づいた時には、うつ病やパニック症候群を引き起こしてしまうことも珍しくありません。

暑がる男性

ストレスを溜めやすい人の特徴は?


実際のところ、日本には約96万人ものうつ病・躁うつ病患者がいると言われています。だからこそ、普段の自分の日常生活に目を向けて、ストレスとしっかり向き合っていくことが大切なのです。では、ストレスを溜める人というのは、どういった特徴があるのか見ていきましょう。

①生活習慣が乱れている
やはり生活習慣というのは、健康に大きく関わってきますね。それは、身体的にはもちろん精神的にも。例えばみなさんは、仕事で遅くなったり、友達と遊んで帰りが遅くなったりしてしまったことはありませんか?不規則な生活を送ることで睡眠不足になってしまうと、身体も脳もしっかりと休まらないのでストレスに繋がります。

また生活が不規則ということは、睡眠だけでなく食事も乱れてしまいます。乱れた食生活というのも、ストレスに繋がる可能性があります。まずは、前提として生活習慣を整えることがストレス解消の第一歩と言えるでしょう。

②一人でいつまでも悩み続けてしまう

日本人には、一人で考え込んでしまう人が多い傾向にあります。人に迷惑をかけたくないとか、人に相談しても理解してもらえないかもしれないとか考えてしまうからです。こういった考え方がストレスに繋がります。また一人で考えこんで結局解決に繋がらなければ、それこそストレスですね。

すぐに割り切って『なんとかなる!』と楽観的に考えられる人は、ストレスが溜まりにくいようです。そうでない人は、まず人に話を聞いてもらうだけでも変わってくるでしょう。

③人に頼らず一人で頑張ろうとする
一人で頑張るとか誰かに頼らないことが、必ずしも人間的に強いとは限りません。人は誰しも完璧ではありませんから、人と協力しながら互いの欠点を補い生きていくものです。

仕事に関しても、10の依頼に対して10を自分でこなそうとしていませんか?時には、仲間に手伝ってもらうなど、誰かを頼ることも大切です。

④趣味<仕事になってしまっている
仕事ばかりして、趣味に使う時間がない人はストレスが溜まりやすいようです。やはり自分の好きなことに打ち込むことは、ストレス解消に繋がります。それよりも良くないのは、趣味すら持っていないこと。

『したいことがない』とは言わずに、積極的に何か好きなことを見つける努力をしてみてください。きっとあなたが好きだと思えることがあるはずです。絵を描く、歌を歌う、写真を撮る、自転車に乗るなどなんでも良いです。自分がリラックスまた夢中になれる時間を作りましょう。

⑤体を動かすことがない
今の時代のようにオフィスワークが増えてくると、どうしても運動をする機会が減ってしまいます。日中は、ずっとパソコンとにらめっこしながら同じ姿勢で居続けているはず。もちろんそういった人だけに限った話ではありませんが、日頃から運動不足だと感じている人は、何か体を動かすことを始めてみましょう。

最初は、軽い散歩でも良いです。筋トレやストレッチ、スポーツなど、自分にとって楽しく体を動かせるのがベストです。体を動かせば、肩凝り解消やリフレッシュにも繋がりますから、ストレス解消には効果的ですよ。

⑥仕事以外で人と関わる時間がない
仕事中心の生活になっていませんか?時には、仕事以外の人との付き合いを持つことも大切です。久しぶりに友人と約束をして飲みにいくだけでも、ストレスは軽くなりますよ。

気軽に楽しい話をしたり、仕事の愚痴などを言い合ったりできる相手と定期的に会うことができれば、ストレスも溜まりづらくなるはずです。

⑦散らかった部屋で生活している

普段生活している空間、つまり自分の部屋が散らかっているか、キレイに整頓されているかもストレスに関わってくるようです。やはり毎日過ごす空間ですから、そこが散らかっていると気づかぬ間にストレスになってしまうようです。

帰ることが嫌にならないように、休日の時間を少しずつでも良いので使ってキレイにしていきましょう。部屋がキレイになれば、気持ちもなんだかすっきりするものです。

⑧人の陰口ばかり言う

人の陰口や悪口ばかり言う人は、ストレスを溜め込みやすい傾向にあるようです。人とのコミュニケーションが上手く取れないとストレスに繋がります。人の悪いところばかりを見て、『自分の嫌いな人』をたくさん作ってしまうと、環境的にも関係的にも良くありません。

もっと人の良いところを見つけたり、自分から好きになったりする努力も時には必要です。もちろん本当に嫌な人とは、無理に一緒にいる必要はありません。いけないのは、陰口や悪口ばかりを言いふらしてしまうこと。そのままだと、あなたの陰口・悪口ばかりを聞いてくれる良い人たちも、あなたから離れてしまいます。

⑨休日は基本的に寝て過ごすことが多い

普段仕事で疲れているからとはいえ、休日を一日中寝て過ごしてしまうのはかえって良くありません。寝過ぎてしまうと、起きた時に体がだるく感じることってありますよね。太陽とともに起きて、しっかりと朝ごはんを食べて1日を始めることが大切。

またそれだけではなく、せっかくの休日を寝るだけで過ごしてしまうと充実さが欠けてしまい、むしろ休んだ気がしないこともあります。休日も午前中に起きて、どこかにお出かけしたり、友達と会ったり、充実した時間を過ごすことがストレス解消に繋がります。

⑩休むことに対して悪いと認識している

日本人には特に見られる傾向なのですが、安くことに対して悪いイメージを持つ人が多いです。例えば、風邪で仕事を休む時も、体を治すことより仕事を休んで周りに迷惑をかけてしまうことを申し訳ないと考えます。そういう考えも大切かもしれませんが、人間誰しも体が資本。風邪を引いたまま出勤するほうが、むしろ迷惑になってしまうこともあります。

『休む=サボる』というイメージがなぜか付いてしまっている昨今ですが、決してそうではありません。仕事を効率良く進めるためにも、ストレスを溜め過ぎないためにも休息は必要です。『仕事のために休まない』ではなく『仕事のために休む』という考え方を持つようにしましょう。プライベートの充実は、仕事のモチベーションアップにも繋がります。

座り込んで考える人

当てはまるものはあった?


さて、ストレスを溜めやすい人の特徴を10つほど挙げてみました。みなさんは、この中で当てはまるものがありましたか?当てはまるものが多ければ多いほど、あなたはストレスを溜め込みやすいと言えます。少ない人は、比較的ストレスを感じていないか、ストレス解消の仕方をわかっている人と言えます。

多かったという人は、これを機にできることを改善してみてはいかがでしょうか?少しの意識改革や生活習慣の見直し、休日の過ごし方を変えるだけでもストレスを溜め込みにくくなるはずですよ。

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。