高血圧と頭痛による危険性について確認して予防をしよう!!

Pocket

健康に生きていきたいと思っている人の中でも、高血圧の人もいるのではないでしょうか。現在の日本では、高血圧である人の数はとても多く、実際に高血圧である人や予備軍の人を合わせると、その数はなんと4300万人にもなっているのです。しかし、これだけ高血圧である人が多いのにも関わらず、治療を受けているのは1000万人程度となっているのです。そのため、残りの3000万人ぐらいの人たちは治療を受けていない状態なのです。

頭痛

高血圧と頭痛が起こると


これだけ多くの人が治療を受けていないのには、高血圧になっても、痛みなどの症状がほとんどなく、放置している人が多いことがあります。実際に高血圧であると自覚をしている人でも、特に困ったことがないと感じているので、治療をしていない人は多いはずです。しかし、高血圧であることによって、発症する痛みには、頭痛があります。頭痛が起こる場合には、様々な要因があり、肩こりやストレス、寝不足などによっても頭痛の症状が起きます。そのため、高血圧であることによって、頭痛が起きているとは思わない人が多いのです。

頭痛の原因

一般的には、頭痛は脳内の血管が拡張して、神経を刺激することによって起きるとされているのですが、高血圧である場合には、違っています。基本的に体内の血圧が上昇しても、脳内の血流を正常に維持するための機能が身体には備わっていることもあって、脳内の血流圧は影響を受けることはありません。しかし、それでも、頭痛が起こってしまうのには理由があり、脳内に異常があったり、動脈硬化が起きてしまっている可能性があるのです。

脳出血などのリスクがある

頭痛と高血圧が同時に起こっている場合には、脳出血などの病気のリスクもあり、かなり危険な状態であることもあります。そのため、頭痛は高血圧であることのサイトであるだけではなく、高血圧の方で頭痛が起きてしまった場合には、いろいろな危険性があることに注意をしておく必要があります。頭痛と高血圧には、どのような関係があるのかを知ってしっかりと対策をしておきましょう。

高血圧を予防してみよう


高血圧になることによって、高血圧性脳症や脳出血などの危険性があります。これらにならないように予防をするためには、高血圧を放置しないことが重要なポイントになっています。高血圧を放置しないようにするには、定期検診などで血圧を調べる機会があり、高血圧で診断された場合には、その事実を受け止めて、病院で検査を受けるようにしておきましょう。高血圧であることだけでは、それほど心配にならない人も多いかもしれませんが、重大な症状に対しての予防をすることにつながるので、検査は受けておきましょう。

そして、頭痛やめまいなどがあった場合には、高血圧によることによっての症状なのかどうなのかなどといった原因についてもできるだけ把握できるようにすることが大切です。

ストレスを解消しよう

現在の日本はストレス社会と言われていることもあり、仕事や悩みによって、いつの間にか高血圧の状態が続いてしまっていることも珍しくありません。ストレスがあることによって、脳血流機能の調節機能が低下することによって、高血圧であることの影響を受けやすくなるので、できるだけ運動をしたりすることによって、ストレスを解消することが必要です。

急に血圧が上がるのは危険

また、急に血圧が上昇することも防ぐことは重要なポイントになっています。血圧が一気に上昇することは、脳出血を起こしやすくすることもあり、大きなリスクがあるのです。血圧が急に上昇することには、スポーツの応援や入浴をする場合に一気に熱いお風呂に入ることなどがあります。これらは普通に日常でもしてしまうこともあるので注意をしておきましょう。また、アルコールやたばこを摂取する人は、高血圧であることのリスクはさらに高くなることも知っておきましょう。

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。