アレルギーはどうして発症するの?乳酸菌で予防できるの?

Pocket

咳や喉の痛み、じんましんや痒み等、様々な症状で多くの人々を悩ませるアレルギー。
皆さんはどうしてアレルギーの反応が発症してしまうのかご存知ですか?
今回ご紹介するのは、そんなアレルギーの原因についてです。

また、辛いアレルギーを少しでも改善することができる対策方法として知られている、乳酸菌についてご紹介したいと思います。

アレルギーの原因とは!予防には乳酸菌がイイ?

アレルギーの原因


そもそも、アレルギー反応はなぜ発症してしまうのでしょうか?
また、全ての人が全く同じアレルギー症状を持っているというわけではありません。
アレルギー症状が発症してしまう原因についてご紹介しましょう。

私たちが日常生活を送っている中には、いたるところにウィルスや細菌等、病気の原因となる物質がたくさん存在しています。

それでも私たちが、頻繁にそれらの病原菌に侵されずに暮らすことができているのは、私たちの体に免疫があるからなんです。

身体というものは外から体内に入ってこようとする有害物質の影響を受けないように免疫に守られているのです。
しかし、アレルギー反応が起こってしまう原因は、この免疫によるものなのはご存知ですか?

私たちが食べる物は体に害のないものですが、稀に免疫は食べ物に含まれる成分を有害な物質であると勘違いしてしまうのです。

それでは、もう少し具体的なお話をしましょう。
アレルギーの原因となる「アレルゲン」が体内に侵入したとき、アレルゲンを除去する為に「IgE抗体」というタンパク質が生成されます。

このIgE抗体は私たちの皮膚や粘膜にあるマスト細胞と呼ばれる細胞の表面へ結合し、アレルゲンの受け皿のようになってしまうのです。

IgE抗体とマスト細胞が結合した状態でさらにアレルゲンが体内に侵入すると、アレルゲンとIgE抗体が結合してしまい、マスト細胞に影響を及ぼします。
その結果、マスト細胞からヒスタミンロイコトリエンといった化学物質が放出され、その結果、身体にあらゆるアレルギー反応を起こしてしまうのです。

これがアレルギー反応を起こしてしまう原因です。

自分がアレルギー反応を起こしてしまう体質かどうかは、血液検査で調べてもらうことができます。
「子供の頃に血液診断したから自分のアレルギーを知っている」
という方も、再度アレルギー検査をしてみるのがおすすめです。

子供の頃と成人後ではアレルギーが変化することもあり、また、アレルギー反応の発症はある日突然起こりえるものだからです。

アレルギーはアナフィラキシーショックというものもあり、最悪の場合生命に関わることにもなるので、十分に注意が必要です。

アレルギーを和らげる乳酸菌


そんな多くの人々を悩ませているアレルギーは、アレルゲンが食べ物の場合、避けることは難しい場合もあり、生活から完全にアレルゲンを除去してしまうのもかえって他のアレルギーをつくってしまう可能性があります。

そこで注目されているのが乳酸菌です。
乳酸菌はIgE抗体が生成されるのを抑制し、数を減少させます。

アレルギー反応はIgE抗体が増加すればするほど悪化してしまうので、乳酸菌を摂取することで、アレルギー反応を和らげることができるとされているのです。

統計では乳酸菌が含まれたヨーグルト等の食品や、新鮮な乳酸菌が含まれている飲料、乳酸菌を凝縮したサプリメントを継続的に摂取した結果、アレルギーの代表ともいえる花粉症やアトピーが和らいだというものもあります。

もちろん、乳酸菌だけを摂取するのはよくありませんよ!
バランスよく、摂取することで効果が得られる可能性があります。

自分のアレルギーがわからない、最近血液検査をしていないという方は、ぜひ病院での診断をおすすめします。
アレルギーに悩まされている人は、お医者さんと相談したりして、乳酸菌を取り入れてみてはいかがでしょうか?

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。