お酒には体を温める効果がある?冬にぴったりな飲酒方法

Pocket

大半のお酒は、一時的に体を温めるだけで効果は長続きしません。

しかし、中には体をさらに温める効果があるお酒があるのをご存知でしょうか?

美味しく飲みつつも、体を温めてくれるホットのお酒を飲む方法を紹介します。

寒い冬だからこそ、美味しくお酒を楽しみながら暖かな春を待ちましょう。

体を温めてくれるお酒

大半お酒は一時的に体が温まるだけですが、原材料によってはより温かさを感じられるのです。

体を温めてくれるお酒をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

日本酒や焼酎

日本酒は原材料が米であるため体を温めてくれます。

焼酎は米焼酎と芋焼酎に体を温める効果があり、適度に体温を維持出来るのです。

より温かく飲むためにも、冬はお湯割でしっとりと飲むのがおすすめですよ!

梅酒・杏酒・チェリー酒

フルーツは、どちらかと言えば体が冷えるイメージがありますよね?

しかし、梅に杏、さくらんぼには体を温める効果があるので、原材料がそれらのお酒を飲めば体が温まるのです。

上記3つは甘いものばかりなので、お酒が

苦手な人でも比較的、飲みやすくおすすめですよ!

赤ワイン

赤ワインも日本酒や焼酎、梅酒と同様に体を温める効果があるお酒です。

赤ワインには血行を良くするポリフェノールが含まれているので、赤ワインを飲むと血行が改善され、結果的に体が温かくなります。

お酒で暖かくなるとこんなに良いことが!

お酒には体を温かくする効果があると説明してきました。

次に、お酒で体が温かくなると起こるメリットを紹介します。

肌の質が良くなる

体が冷たくなり血行が悪くなると肌の質が悪くなり、ニキビが出来たり乾燥したりとトラブルが起きやすくなります。

温かいお酒を飲み体を温めることで、血行が良くなり肌の質が向上するのです。

乾燥しがちな冬のお肌のためにも、日頃から体を冷やさないようにして下さい。

むくみがなくなる

多くの女性にとっての悩みのうちの大多数はむくみで、足がむくみブーツのファスナーが閉まらないなどを、経験されたことがある方も多いと思います。

そんな、むくみを解消するために大切なことは、体を温めて血行を良くすることです。

温かいお酒で体を温めて、むくみ解消を目指してみて下さい。

免疫力が上がる

体が冷えるということは内臓が冷えることでもあります。

内臓の中でも腸が冷えると免疫力が下がり、軽い風邪にでさえ感染しやすくなるので注意が必要です。

免疫力が下がりやすい、寒い冬はお酒を飲み体を温めるのがおすすめですよ!

暖かいお酒を紹介

ぜひ冬に飲んで欲しい、体が温まるお酒をまとめました。

ぜひ寒い冬の日に飲酒する際の、参考にしてみて下さいね!

ホットワイン

クリスマスマーケットで必ず販売されているホットワインは飲食店でも取り扱われています。

シナモンなどのスパイスを入れて飲むホットワインは体の芯から温まります。

ホットウイスキー

冬に飲む暖かいウイスキーも、冬におすすめしたい体が温まるお酒の1つで、はちみつや砂糖を入れて飲むと温かくホッとします。

ホットビール

ホットビールとは暖かいビールに砂糖を入れた飲み物です。

あまりイメージができないかもしれませんが、黒ビールに入れると絶品で良く合います。

熱燗

寒い冬に飲む、日本酒の飲み方といえば熱燗ですよね?

ほどよい温かさの日本酒は、甘みを感じやすくなるため普段とまた違う味が楽しめます。

寒い冬はお酒で体を温めよう

温かいお酒を飲めば、体の芯から温まることができ、血行改善によりお肌の質が良くなるなど様々な効果が期待できます。

普段とは違う温かなお酒を楽しみ、寒い冬の日を暖かく過ごしてくださいね!

LINEで日々の健康に役立つ情報を配信中!

ボタンをクリックして友だち追加しておいてくださいね!
 
友だち追加
         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。