黒酢で健康に!7つの効果とおすすめの美味しい飲み方!

Pocket

身体に良い食品を探しているとよく見かけるのが黒酢です。
健康食品やサプリメントの会社で取り扱っているところも多いですよね。

でも、黒酢が身体に良いと聞いても、どのような効果があるのかピンとこないかもしれません。
そこで、黒酢を摂取した時に期待できる効果・効能や、美味しい飲み方をまとめました!

黒酢パワーで健康・美容・アンチエイジング!

黒酢を摂取すると健康になる?7つの効果!


黒酢には健康を促進させる効果が7つも含まれており、
数多くの健康食品に利用されています。

具体的にどのような効果があるかご紹介していきます。

1. 血行が良くなる効果
黒酢には普通のお酢よりも多くのアミノ酸が含まれています。
このアミノ酸には血液サラサラ効果がありますので、
普通のお酢よりも黒酢の方が健康効果が高いとされています。

2. 疲労回復効果
黒酢にはアミノ酸の他にクエン酸とポリフェノールも含まれています。
これらの成分には疲労回復を促進する効果がありますので、
運動や仕事などで、疲れを感じた時に黒酢を飲むと良いとされています。

3. 脂肪燃焼を促進する効果
アミノ酸とクエン酸は脂肪の燃焼を活発する効果もあります。
エクササイズと合わせて飲むことで、
ダイエットの効率を高めてくれるでしょう。

4. 美肌効果
黒酢にはグリシンという成分も含まれています。

このグリシンとアミノ酸には刺激から肌を守るだけではなく、
お肌の潤いを逃しにくくする保湿効果もあります。

お肌の調子が気になる方にも黒酢はオススメです。

5. アンチエイジング効果
黒酢の色の元になっている成分が褐色色素のメラノイジンです。

このメラノイジンには抗酸化作用があり、
老化の原因となる細胞の酸化を防いでくれます。

美肌効果と合わせて、黒酢でアンチエイジングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

6. 冷え性対策
既に黒酢が血流改善に効果を発揮することをご紹介しました。

血行がよくなると、手先足先の隅々まで血の巡りが良くなりますから、
自然と冷え性の改善にも繋がります。

7. お通じの改善効果
黒酢には大腸の働きを助ける効果があり、便秘の予防・解消に効果が期待できます。

———-

このように、黒酢に含まれている成分からは様々な健康効果が期待できます。

自然に身体の機能を高めることでゆっくり、じっくり改善していくので、
身体への負担が少なく済み、安心安全です。

美味しく黒酢をいただく方法!


様々な健康効果がある黒酢。
さっそく飲んでみたくなった方もいらっしゃるのでは?

まず、一日に推奨されている摂取量は15~30ccと言われています。
だいたい大さじ1~2杯くらいですね。

このくらいの量であれば手軽に始められそうですが、注意点が一つ。
市販されている黒酢の原液をそのまま飲むと、食道や胃などの消化管が傷ついてしまうかもしれません。

そこで、黒酢を簡単に美味しくアレンジする方法をまとめました。

・牛乳割り/蜂蜜割り/お湯(水)割り
一番手軽なアレンジ方法は何かで割って飲む方法です。

基本のお湯割りは黒酢1に対してお湯10の割合で割りましょう。
暑い時期は水割りもオススメです。

黒酢と同量の蜂蜜をよく混ぜて、それをお湯で割る飲み方もあります。
普通のお湯割りに蜂蜜の優しい甘さが加わって、更に飲みやすくなります。

牛乳で割ると黒酢の酸味でヨーグルトのような風味となりマイルドな味わいに。
こちらも蜂蜜を加えると味の変化を楽しめます。

・キンカンの黒酢漬け
割って飲むよりは少し手が掛かりますが、キンカンの黒酢漬けもオススメです。
少量作っておやつとして、あるいは沢山作って保存食としても活用できます。

・毎日の料理に
もちろん、黒酢もお酢ですから料理に使うこともできますよ。
黒酢を使った料理の代表格はやはり酢豚。
鶏肉を煮たり、照り焼きにしても美味しく仕上がります。

サラダに黒酢を使用したドレッシングをかけるのもオススメです。

・サプリメント
お酢の酸っぱさが得意でないという方は、サプリメントを利用してみましょう。
味やニオイを気にせずに、手軽に黒酢を摂ることができます。

まとめ


黒酢には様々な健康成分が含まれており、幅広い方にオススメできる食品です。
また、飲み方をアレンジしたり、料理の隠し味として使ったりと、
毎日の生活に取り入れやすいのも嬉しいポイントです。

「最近、なんだか調子が悪いな…」

とお悩みの方は、ぜひ黒酢を試してみてください!

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。