人間ドックといえば内視鏡検査!これってどんなもの?

Pocket

今回お話しようと思っているのは、『内視鏡検査』と呼ばれるものです。みなさんも一度は、耳にしたことがあるのではないでしょうか?これは、以前投稿した記事『人間ドックのイメージと病気の進行に気づかないのとどっちがこわい?』でも紹介した人間ドックなどで行われている検査のことですね。人間ドックにおいては、『人間ドックの山場』なんて呼ばれることもあるみたいです。そうやって言われると、初めての人は萎縮してしまいますよね……。それでもある程度、内視鏡検査について知っておけば、多少の不安は解消されるかもしれません。内視鏡検査の基礎知識をしっかりと身につけていきましょう!

胃カメラ

内視鏡検査ってそもそもどんなもの?


内視鏡検査ってどこかで聞いたことはあるけど、実際にどういったものなのかはよくわからないという人はいますよね。これは、ハイビジョンカメラを使って、胃や大腸を視診することができる検査のことを言います。具体的に説明すると、チューブの先端部分にカメラが備え付けられています。このチューブを体内に挿入していき、画面に映し出された胃や大腸の様子を確認しながら検査していきます。これによって、がんなどの早期発見にも繋がります。

基本的に内視鏡検査を行う際は、前日から飲食の制限が設けられます。また検査自体も楽ではない場合も多いので、抵抗を覚える人もいるようです。とはいえ最近では、内視鏡検査の種類や形状もどんどん変わってきています。ですから、一昔前の内視鏡検査と比べるとだいぶ楽に検査を受けることができるようになったみたいです。

ちなみに最近では、カメラ部分がレーザーになっているものもあるようです。これによって、より鮮明な画像を映し出すことができ、より高精度な診断が可能になっています。

内視鏡検査の種類について


人間ドックで行われる内視鏡検査には、いくつか種類があることをご存知でしょうか。大きく分けると胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査があります。人間ドックの標準プランでは、だいたい胃内視鏡検査が含まれているようです。

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査は、正式には上部消化管内視鏡検査と呼ばれていて、胃の他に食道や十二指腸なども検査します。みなさんは、おそらく『胃カメラ』という名前のほうがしっくり来るのではないでしょうか。この検査によって、胃がん・食道がんはもちろん、潰瘍、ポリープなどいろんな病気の発見に繋がります。

方法としては、大きく二通りあります。まず、1つは『経口内視鏡』です。文字通り口からカメラ付きのチューブを挿入していきます。そして食道・胃・十二指腸と検査していきます。もう1つの検査方法は、経鼻内視鏡です。これは、最近浸透し始めた方法です。鼻からチューブを挿入することによって、経口胃カメラよりも負担を軽減することが可能になりました。吐き気が起こらなかったり、苦しくなかったりとさまざまな部分にメリットがあり注目されています。経鼻内視鏡を取り入れる病院も、少しずつ増加しているようです。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、下部消化管内視鏡検査と呼ばれます。この検査によって、大腸がんや直腸がんの早期発見に繋がります。先ほどの胃カメラとは違い、大腸から象徴の一部までを検査するものです。そのため、経口・経鼻ではなく肛門からチューブを挿入して行います。

ここで紹介したもの以外にも、『小腸内視鏡検査』や『胆・膵内視鏡検査』などもあります。

胃カメラの名医を見つけよう


安全に胃カメラを受けるためには、医師の指示をしっかりと聞き、そして守ることです。しかし、それ以前に胃カメラを担当する医師の腕によって、胃カメラの痛さや辛さというのは異なってくると言われています。

胃カメラの名医を見つけることで、極力辛くない内視鏡検査を受けることができるはずです。そのためには、やはり内視鏡検査の経験を豊富に積んでいる医師がいる医療機関を見つけることが重要。大きな病院だと安心感などもありますが、意外と小規模なクリニックでも熟練した医師がいます。やはり小規模な分、担当医師が直接検査を行う機会が多いからです。胃カメラの名医を見つけて、自分の健康としっかりと向き合っていきましょう。

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。