温活で健康的な体と生活を!

Pocket


皆さんは「温活」という言葉を聞いたことはありますか?
健康トレンドに敏感な方は聞いたことがあるかもしれませんね。

温活とは読んで字のごとくですが、体を温めて健康的になる活動のことです。
体を温めるということはシンプルであり、とても重要なことです。

体を温めることの重要性を知っている方は多くても、そのためにわざわざ活動を起こしている方は少ないです。改めて体を温めることの重要さを知って、皆さんも温活を始めてみてください!

温活を始めて体温を高めよう!

温活のはじめ


なぜ最近になって温活という言葉が流行りだしたのか?その背景には時代の移ろいが関係しているんです。

昔の人は平熱で36度後半程体温があったと言われていますが、現代人はなんと36前半どころか35度台の方も少なくないと言われています。

今は便利な時代で移動が楽ちんになったことやデスクワークの増加によって運動することが少なくなり、血行など非常に悪くなっています。更にエアコンなどで体温の調節機能が衰え、環境適応力が下がってしまっています。

その他、仕事のストレスや食の多様化など様々な理由が重なり合った結果が現代人の体温の低下と言われていますが、これは思ったより深刻な問題なんです。

そんな体温の問題を解消するための温活に必要な点は、大まかにわけて4つ「服装」「食事」「入浴」「睡眠」になります。
次はその4点について深堀していきましょう!

温活の重要な4点


では温活で重要な点を1つずつご紹介させていただきますね!
1つ目「服装」ですが、服装で重要な点は「首」です。首といっても頭を支えている首だけではありません。手首や足首だって重要な首です。

これらの首部分には体中の血管が集中し、ここが停滞してしまうと体にうまく血液が回らずエネルギーなども循環しません。ですから、首を重点的に温める必要があるんです。

特に足首は温めたい重要な点で、足は第二の心臓とも呼ばれる血流のポンプのような役割を持っています。この足が冷えてしまうと血の巡りが非常に悪くなります。

最近ではくるぶしソックスなど足首を露出する靴下も人気で足首を冷やしてしまいがちですが、健康のためを思うならやはり長めのソックスで足を温めてあげることが重要です。
ついでに言うなら、ソックスのゴムはきつすぎない方がいいです。血管がしまって血流が悪くなってしまいますからね。

2つ目は「食事」。温活において最も重要な点といっても過言ではありません。
食事といえば体を温めるような温かいスープ系の食べ物、辛い食べ物を食べることがまずは重要です。ですが体を温めるものを食べるだけでは不十分です。

夏に食べると体を冷やしてくれる効果がある夏野菜などはなるべく生で食べることは推奨されません。夏場ならいいですが、冬に食べるのならせめて火を通して、食べてくださいね!

そしてもっとも重要なことは冷たい飲料やアイスなど冷たいものを食べ過ぎないことです。もちろん全く食べるな、とは言いませんがこういった食べ物・飲み物を取りすぎると体温低下に直結しますので、注意してください。

また、身体を温めるものとして有名なのはショウガやナッツ類。生姜は体を温める成分が入っていますし、ナッツ類は体を温めるために必要なエネルギーが含まれています。
私はジンジャラーなので、何にでも生姜を入れてしまいます。

3つ目は「入浴」ですね。
最近皆さんはしっかり湯船に浸かっていますか?
温活の話題でよく取り上げられる項目がこの入浴です。お風呂をシャワーで簡単に済ませてしまっているという方、結構多いですよね。ネットを見ていてもそういった声は年々増えている傾向にあります。

実はそれってとっても身体に良くないんです。シャワーだけではやはり体全体を温めることはできにくく、血行を良くする効果が薄いです。

しっかりと湯船に浸かることは血行を促進させるだけでなく、自律神経を落ち着けさせて、4つ目のポイント「睡眠」の質を高めることにもつながります。

そして4つ目の「睡眠」ですが、眠る際はできるだけお風呂で温めた熱を冷まさないように寝ることがポイントとなります。暖かな環境で眠ることで、寝起きもよくなり健康にも非常に良いです。

睡眠の質を高めてリラックスすることはストレスを解消させることにも繋がり、自律神経を穏やかにする意味があります。自律神経が安定すると血の巡りも安定するので、体温安定にもつながる温活というわけですね。

いかがでしたでしょうか?皆さんも改めて考えると実行できていないことも多かったのではないでしょうか?心当たりのあった方はこの機会にぜひ「温活」初めてみてくださいね!

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。