冬に食べたい定番・トレンドの食べ物!

Pocket

あなたは冬の食べ物と言えばどんな食べ物を思い浮かべますか?

冬の食べ物と言えば、冬季限定の美味しい食べ物や、体に良い冬の食材など、
寒い季節を乗り越えるために欠かせない食べ物がたくさんあります。

冬の食べ物を知り、寒さに負けない健康的な食生活を送りましょう!

冬に旬を迎える食べ物を食べよう!


冬の食べ物の中には、冬に旬を迎える食材を多く使用しているものもあります。

最近ではスーパーへ行くと季節を問わずいつでも様々な食べ物を購入することができますが、
鍋の定番食材であるほうれん草や白菜、小松菜、春菊などの葉物野菜は冬が旬の食材です。

冬に旬を迎えるほうれん草は夏に収穫するよりも冬に収穫する方が、
ビタミンCが約3倍も多く含まれているとされており、

冬の方が甘みやおいしさもアップすると言われています。

年間を通して収穫できる野菜でも、旬に収穫する方が栄養価が高い場合があるのです。

冬に旬を迎える根菜の効能


次に、冬に旬を迎える食材の中で根菜の一例をご紹介します。

かぶ・大根・にんじん・レンコン・しょうが・ゴボウなどの冬の食材には、
体を温める作用があるとされており、血行促進や代謝のアップを期待することも出来ます。

血行促進を促す事により、肩こりや冷え性の予防を行う事も出来るので、
体が凝り固まりがちな寒い季節に是非とも摂取したい冬の食べ物です。

これらの根菜をたくさん使って具だくさんのスープや煮込み料理などを作れば、
1品でより多くの栄養素と食物繊維を摂取することが出来ます。

冬の食べ物には人の体に良い働きをしてくれる食材が豊富にありますので、
旬を意識し、食材を選ぶことは健康を意識することにもつながるのです。

冬の定番料理といえば…


冬の食べ物の定番料理と言えば、やはり「鍋」ですよね。

鍋料理にはお肉がメインのものや魚がメインのものなどその年のトレンドによって色々な種類があります。
鍋料理は野菜をたくさん入れて煮込むことにより、野菜の栄養分を体に吸収しやすい形で摂取することが出来るので、
冬の食べ物を効率よく体に取り入れることが出来る冬の定番料理です。

鍋によく使われる食材の栄養と効能を見てみましょう。

鍋に良く使われる食材の例として鶏肉や豆腐、きのこ類、根菜類、長ネギ、などがあります。

鶏肉はビタミンAが豊富な食材です。

ビタミンAには肌の調子を整える効果や、喉や鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守る効果もあるので、
風邪を引きやすい冬の季節にぴったりな食材です。

豆腐は過熱してもあまり栄養素が壊れにくいとされており、
豆腐に含まれる豆腐たんぱく質は血液中のコレステロールを低下させる効果があると言われています。

豆腐の脂質には、善玉コレステロールを増やす作用や血管に付着するコレステロール
を除去する作用があるといわれております。

きのこ類は水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維が豊富な食材ですので、
腸内からコレステロールの排出を手伝ってくれる効果や、
腸のぜん動運動を促し便秘を解消する効果も期待できる食べ物です。

冬の食べ物である根菜類は、冬の寒さに耐えながら土の中でエネルギーとミネラルを蓄えて成長します。
これらの食材には体を温めてくれる効果や腸内をキレイに整えてくれる効果もあることから、
冷え性の予防や体の代謝をアップしてくれる効果を見込むことが出来ます。

長ネギには、イオウ化合物の硫化アリル(アリシン)という成分が含まれており、血液をサラサラにしてくれたり、
生活習慣を予防してくれる効果を期待する事が出来ます。

これらの食材は、過熱により栄養分が溶け出た場合でもスープを飲むことで
栄養を取りこぼさず摂取することが出来ますので、

冬の食材を使用した鍋料理は体調を崩しやすい時期にもぴったりな料理なのです。

冬の食べ物で健康促進を図ろう


冬の食べ物は美味しさと栄養を兼ね備えた食べ物が豊富な季節です。

冬の定番料理やトレンド料理には鍋や煮込み料理のように1度にたくさんの食材を食べられるものも多いので、
冬の食べ物を楽しみながら体調管理や健康促進に役立てましょう!

         
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。